葬儀の基本プランの比較

subpage01

お葬式に参列をしたことがあっても、喪主になる事はそうないでしょう。



しかし、いつ何時その時を迎えるかわかりません。

高齢化社会である現代では、高齢者を抱えている家庭も多くあります。



両親がその年代になってきたのであれば、下調べをしておく必要もあります。


しかし、お葬式となればどれくらいの費用がかかるのか、さらに内容がどのようなものなのかわかりません。
お葬式はまだまだといっても、知識を得ておくだけでもいざという時に役立ち、さらにすんなりと行動に移せることもできます。

ゆえに葬儀社が出している基本プランをまず知り、さらにお葬式の種類やタイプを知る事をしてください。


お葬式には、予算を極力抑えたい人の為の火葬式があり、こちらは大体が10万円ぐらいからあります。

地域によっては住民は火葬代金が無料というところもあり、基本プラン料金で済む場合があります。

次に一日葬があり、こちらはお通夜を行わずに告別式のみを行うタイプとなります。こちらはおおよそ20万円ぐらいから行えます。

そして、現在一番多くの家庭が利用しているのが、家族葬です。

親族と親しい人たちとの葬儀となります。

故人が高齢のため、親族で行いたいことから家族葬を行う世帯が大半です。
葬儀をするにも、基本プランの比較をまずすることが大事です。



他社がどれくらいの価格なのかを知り、そこからオプションをつけていき、戒名などの料金などをプラスして考えていきます。

葬儀社をしるのであれば、インターネットでも簡単に比較することができます。