会社にとって大切な人が亡くなったときに行う葬儀

subpage1

会社にとって大事な役割を果たす方が亡くなったときは、会社が施主となり社葬を執り行うことがあります。

施主が主体となって社葬を運営をしていくのですが、あくまでもきした遺族の代表者が喪主となるので遺族をないがしろにしてしまうことがないように注意を払うことが必要になります。



社葬は大きな規模の葬儀になることが多いので、準備をするための期間がある程度必要となります。



故人が亡くなったら、まずは亡くなったことをあまり公にしない形で遺族や、親族などで密葬を執り行い、およそ2週から4週ぐらいの期間が経過してから改めて社葬を本葬として故人が生前勤めていた会社が主催して執り行うという流れになるのが一般的です。
そのため、実態としては葬儀という儀式というよりも、追悼式や、告別式といった意味合いが強い催しとなります。かつては社葬は、斎場や、寺院で執り行うというのが多かったのですが、近頃はホテルを使うケースが多くなってきています。



ホテルはセレモニーを執り行うのに適した格式が備わっているため、たくさんの参列する人に対応することが可能となります。

社葬には、役割を分担する必要があります。

葬儀委員会は、社葬を運営するため葬儀委員会を設けます。


葬儀委員会が中心になり社葬の準備から実際の運営までを仕切っていきます。

実際に企画したり、実務をこなすのは、委員会直属の実行委員会が行うことになります。


一般的には、会社の全ての役員が委員を務めることになります。

耳より情報

subpage2

近頃の社会は核家族化や、少子高齢化が進んでいて、近所付き合いや、町内会との繋がりも希薄になってきていて、直葬が増え、誰にも知られることなく亡くなってしまう孤独死などが社会問題になりつつあります。そのような時代の流れに伴い、葬儀プランの内容も大幅に変わってきていて、様々なニーズに対応できるように多様化しています。...

next

生活の特徴

subpage3

お葬式に参列をしたことがあっても、喪主になる事はそうないでしょう。しかし、いつ何時その時を迎えるかわかりません。...

next

関連情報

subpage4

互助会に入ると葬儀にかかる費用を毎月積み立てておくことになるので、亡くなったときに、積立金だけで葬儀にかかる費用が全て賄うことができると考えている方も少なくありませんが、高額な追加料金が発生することがあります。積み立てている、お金はあくまでも一部分だけの葬儀費用に過ぎないので、万が一、亡くなった場合に費用を全額賄うことができるという訳でありません。...

next

生活について思うこと

subpage5

日本消費者協会が実施した2014年度の葬儀に関するアンケートによりますと、葬儀の費用の全額は、平均189万円となっています。内訳を見ますと、遺体の搬送、通夜、葬儀、火葬などの費用が122万円、参列者へのお返しと飲食費が34万円、寺院への費用が45万円となっています。...

next