葬儀費用の詳細な内訳

subpage01

日本消費者協会が実施した2014年度の葬儀に関するアンケートによりますと、葬儀の費用の全額は、平均189万円となっています。内訳を見ますと、遺体の搬送、通夜、葬儀、火葬などの費用が122万円、参列者へのお返しと飲食費が34万円、寺院への費用が45万円となっています。

ただ、この費用に関して地域によっての格差もあり、寺院関係の費用は、依頼する寺院によって、差がありますので、この費用はあくまでも一つの目安と考えておきましょう。



お葬式の形式には、親しい人のみ招く家族葬をするのか、それとも友人、知人たくさんの人に見送ってもらう一般葬をするのかによって費用が大きく異なります。



参列者が増えれば、飲食費や返礼品の費用が当然大きくなります。
さらに、通夜や葬儀・告別式を行わず火葬のみを行う方法のお葬式も最近はよく行われるようになりました。
この解体を撮ると、お葬式の費用は20万円以下で済みます。お葬式の形態によってその費用は大きくことなりますので、まずどのようなお葬式にするのかを決めておきましょう。


お葬式は、突然行わなければならない事があります。



どこの葬祭会社がいいのか、迷う場合がありますが、医師に「延命治療をしますか」と問われるような家族がいる場合は、まずお葬式の規模を決めておいて、いくつかの葬儀社で、事前相談を受けるか、資料を取り寄せて、費用を見比べてみましょう。
その際各葬祭会社の費用の決め方は一律ではありません。

最低の費用の身を書いてある会社とか斎場の使用量が別途であったり、地域により火葬料が変わる場合もあるので、十分な注意が必要です。